妊娠、妊婦生活ガイド

妊娠中の食事について

「母体」と「赤ちゃん」に影響する妊娠中の食生活

お腹にいる赤ちゃんはへその緒を通して、お母さんから栄養をもらっています。

お腹にいる赤ちゃんはへその緒を通して、お母さんから栄養をもらっています。

そのため、妊娠をきっかけに、これまでの食生活を見直すという人も多いでしょう。

妊娠中にお母さんがとった栄養は、主にこのようなことに使われます。

妊娠中にお母さんがとった栄養は...
妊娠中にお母さんがとった栄養は...
1. 母体のエネルギー源として
2. 子宮や胎盤などの増殖として
3. 赤ちゃんの発育として
4. 出産、授乳期につかうエネルギー補給として

このように、妊娠中にとった栄養は、お腹の赤ちゃんの発育やお母さん自身の健康維持のために必要なだけでなく、体力のいる出産(分娩)や出産後(産褥期)にも大切な役わりをはたします。

妊娠期間中に栄養バランスの崩れたいいかげんな食生活をおくっていると、貧血やむくみ、流産や早産になりやすくなってしまいます。

それに極端に不足するとまれに赤ちゃんが死んでしまったり、先天性奇形が発症したりすることもあります。

また分娩に時間がかかったり、分娩の途中で疲れて赤ちゃんを出しきれなかったり、ショック起こす可能性も高くなります。

また分娩に時間がかかったり、分娩の途中で疲れて赤ちゃんを出しきれなかったり、ショック起こす可能性も高くなります。

このように妊娠中のバランスとれた食事は、お腹の赤ちゃんの発育やお母さんの健康に必要だけでなく、体力のいる分娩をスムーズに乗り切るために欠かせないものになります。

妊娠出産時のリスクを軽くする食生活の基本は

■ 食事の回数は、1日3食しっかりとること。
■ 特定の食品に偏らぬようバランスのよい食事内容にすること。

これをしっかり守ることです。

赤ちゃんのことを考えて食べることもある意味「胎教」になります。
赤ちゃんのためにも出産をスムーズに行うためにも、妊娠中はとくに栄養バランスに気をつけてくださいね。

安産のために「太り過ぎ」に注意!

妊娠中は、妊娠していないときにくらべて太りやすいです。
でも、なぜ、妊娠中は太りやすいのでしょうか。

1) 血糖値が下がるため、空腹感が強くなり、食欲がわくから食べ過ぎてしまう。
2) 女性ホルモンの影響から皮下脂肪をからだに蓄えようとするため
(出産や産後の授乳に必要なエネルギーの確保から)

妊娠中に太りやすいのには以上の理由があるからです。

妊娠中に太りやすいのには以上の理由があるからです。

また皮下脂肪だけでなくお腹の赤ちゃん、赤ちゃんが育つための必要な羊水や胎盤、母体の血液量や水分量も増えていきますので、妊娠中軽く10キロ近く自然に増えていくのは無理のないこと。

しかし、太り過ぎには注意です!

妊娠全般をとおして理想的な体重増加は体格によって異なりますが、低体重(やせ)の場合は9~12kg、「ふつう」の場合は7~12kgの間で抑えておいた方がいいです。

というのも太りすぎると「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」や「糖尿病」を起こしやすく産道に脂肪がつくため、出産のとき陣痛が弱く難産になりやすくなるからです。太り過ぎて、いいことは何ひとつありません。

妊娠期間中、太り過ぎないためにも以下の6カ条を守りましょう。

太り過ぎを予防するための6カ条
太り過ぎを予防するための6カ条
1. 間食は控えめに
2. 砂糖の量は1日20グラムまで
3. 3食の食事はバランスよく
4. 腹8分目を心かける
5. 油っぽいメニューをひかえめに
6. 適度にからだを動かす

以上の『太り過ぎ予防6カ条』を参考にしながら生活を送ってくださいね。

特に太り過ぎに気をつける時期

妊娠期間中、とくに気をつけてほしい期間中があります。
それは、「つわりが治まったころ」と「妊娠10カ月目」です。

つわりが落ち着いてくると爆発的に食欲がわいてくるため、どうしても食べ過ぎてしまいがちです。
また、出産間際の10カ月目は「もうすぐ妊娠期間中も終了する」、という安堵感から、気がゆるみ食べ過ぎてしまうことも...。

安産のためにもさいごまで気を緩めることなく、体重管理にはじゅうぶんに気をつけたいものですよね。

「量」より「質」を考えて

妊娠しても妊娠と同じよう食事内容でいいのでしょうか。

妊娠しても妊娠と同じよう食事内容でいいのでしょうか。

いえ、それは違います。

妊娠中は、「たんぱく質」「カルシウム」「鉄」「ミネラル」「ビタミン」を妊娠前よりも多くとらなければなりません。
つまり、食べる「量」は増やさず、食事の「質」を向上させましょう。

同じカロリーをとるならできるだけ質のよい食べ物を選んでください。
たとえば、同じ100カロリーでもベイクドポテト1個とポテトチップス10枚では、大違いですよね。もちろん、ベイクドポテトの方が栄養価は高い。

また、食材にも工夫してほしいものです。
たとえば「動物性」と呼ばれるものより、「植物性」のものを摂るとか、(動物性たんぱく質である肉よりも植物性たんぱく質である豆腐や納豆とか)

また、調味料や保存料などがたくさん含まれた加工品よりも、自宅で手作りの料理を食べるとか。旬である新鮮な食材は栄養価が高いのでできるだけ、旬の野菜や魚をいただくとか...。

お菓子やファーストフードにも添加物がたくさん入っているので、家族の協力を得ながら、健康的な質のいい食生活を送りましょう。

『ママとベビーのしあわせマタニティヨガ DVD』詳しくはこちら