妊娠7カ月からの胎教ガイド

音楽胎教を行うポイントとコツ

どんなとき胎教音楽を聴くと効果があるの?

どんなとき胎教音楽を聴くと効果があるの?

胎教のための音楽を聴くのは「一日何時間聴くこと」といった決まりはありません。

好きなときに好きなだけ聴いてよいです。自分の生活スタイルに合わせながら聴くこと。
これが、胎教音楽を続けられる秘訣になります。

「胎教音楽」ですが、このようなシチュエーションでも利用できますよ。

◎ 毎晩、寝る前にヒーリング音楽を聴いています。妊娠はお腹が圧迫されてとても寝苦しいのですが、音楽を聴くとリラックスできるので、スーッと自然に眠りにつけます。
◎ 家事をしているときにBGMとしていつもクラッシック音楽を流しておきます。 そうじや洗濯がたまって面倒くさいと思っているときに、クラッシック音楽をバックに流しておけば、不思議と家事がはかどります。イライラした気持ちがなくなります。
◎ 「胎教音楽」はバスタイムで利用しています。湯船につかりながら胎教音楽を聴くとお腹の中にいる赤ちゃんが動きだします。あまりに気持ちがいいため、赤ちゃんも喜んで動いているんだなと感じます。

音楽を聴くとき、必ずしも座ってじっと聴いていく方がいいというわけではありません。

さまざまなシチュエーションで「胎教音楽」は利用できます。

もちろん、ソファに横になりながら音楽を聴いてもよし! 赤ちゃんが動いたら「元気ね!」と赤ちゃんに話しかけください。

赤ちゃんとママのすてきな音楽タイムを満喫してくださいね。

『ママとベビーのしあわせマタニティヨガ DVD』詳しくはこちら