妊婦マタニティヨガはじめ方

よくある質問 Q&A

いつからマタニティヨガはできますか?

マタニティヨガは、つわりが治まった妊娠中期(5ケ月~6カ月)くらいから始められます。ただし、体調が安定していることが大前提です。

自分のからだに無理をかけないよう、必ずかかりつけのお医者さん、または、助産師さんの許可をとってからマタニティヨガをスタートしましょう!

※ 妊娠初期(~4ヶ月まで)は、まだ、お腹の赤ちゃんを守る胎盤が完全につくられていないのでヨガを開始してはいけません。

ヨガの経験がなくても大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。

ヨガをはじめるきっかけが「マタニティヨガ」だった、という人も意外と多いようです。

もし心配でしたら、ヨガ初心者でも分かりやすいポーズや呼吸法などを教えてくれるプログラム構成されたマタニティヨガのDVDやマタニティヨガ教室を探してみてはいかがでしょうか。

雑誌の付録のDVDなどでも大丈夫ですか?

雑誌についてくるDVDは価格もお安く手に入りやすいメリットがあります。

しかしヨガ解説がテキスト中心のため、DVDを見ながらポーズや呼吸法をテキストでわざわざ確認しなければなりません。

また、雑誌のおまけということで収録時間も短いですし、必要なポーズが省略されがちです。

せっかく購入するなら、雑誌の付録についてあるDVDよりも、テキストをわざわざ見なくても細かなポーズ、ポイントや注意点まで説明してくれる「マタニティヨガ専用DVD」の方がおススメです。

テキストに頼らず、DVD1枚でポーズ法をすべて解説してくれるので、本物のヨガ教室に通っている感覚になります。また、ヨガだけに集中できるため、それだけ効果があらわれやすいでしょう。

自宅でやる場合はどんなDVDを選べばいいの?

1. 実際のスタジオで収録されたDVDはおススメです。
この方が、自宅にいながら教室へ通いながらヨガをしている感覚になるため、臨場感があり楽しめます。

2. 安産に役立つDVDを選びましょう。
妊娠中にリラックス効果があるだけでなく、お産本番にも役立つ呼吸法やポーズ、リラックス法が学べる内容のDVDがいいです。

3. ヨガ初心者でも実践できるDVDがいい!
ヨガ初心者の人にも安心して練習できるわかりやすいプログラムのものがいいです。

4. 実績のあるヨガの先生が監修したもの。
実際にマタニティヨガ教室を運営している実績のある先生が監修したものの方が、ヨガ初心者の人でも安心でしょう。

5. DVD1本ですべて解説されているもの。
収録時間をコンパクトするために実際のクラスよりも多少ポーズを省いているものはDVDもありますが、それではせっかくのヨガに集中できません。
せっかく購入するならば、本やテキストをわざわざ見なくてもDVD内にすべて詳しく説明しながら入っているものを選んだほうが効果ありますよ。

体調が悪くなることはないの?

マタニティヨガは、妊娠中のママ専用につくられたヨガです。
一般的なヨガにくらべてゆっくりしたペースなので、体調が悪くなることは少ないと思います。

しかし、妊娠期間中のからだの状態というのはデリケートですし、人それぞれ違います。つわり中はもちろんのこと、お腹が急に張ってきたり、吐き気や痛みを感じたら、すぐにヨガを止めて主治医や助産師に診察してもらうことです。

安産につながるって本当?

マタニティヨガは、股関節をやわらかくするポーズ、骨盤を開くポーズ、出産時に役立つポーズや呼吸法を実践できるため、安産につながりやすいといわれています。

そのため、ヨガをしていなかった人よりも陣痛時間が少なかったという報告も聞きます。

いつまでマタニティヨガは出来るの?

マタニティヨガのプログラム内容によって違います。

出産予定1か月前まで行えるものもありますし、出産直前まで続けられる内容のプログラムもあります。(個々の教室、DVDに示されているはずですから、それはしっかりと確認しておきましょう)

ただし、からだの体調が少しでもおかしいと感じたら、すぐにやめてください。臨月(出産間際)というのは、いつ何どき具合が悪くなるか分かりません。

体調がおかしい、具合が悪いかな、と感じたらすぐにヨガをやめ、主治医か助産師から診察してもらってください。

マタニティヨガのレッスンは、「無理をしないこと」、「自分のからだと相談しながら」、これが基本でしょう。

『ママとベビーのしあわせマタニティヨガ DVD』詳しくはこちら